トピックスTopics

最新のお知らせ

2022年10月1日 髙井章光弁護士が、「法律のひろば2022年10月号」に「『中小企業の事業再生等に関するガイドライン』と今後の実務対応」と題する論考を発表しました。PDF DOWNLOAD
2022年8月1日 髙井章光弁護士が倒産・再生法実務研究会にて「新型コロナウイルスの感染拡大を受けた倒産手続、倒産処理における対応」と題して講演を行いました。
2022年7月28日 髙井章光弁護士が中小企業大学校にて「円滑な事業廃止に向けた支援」と題する講義を行いました。
2022年7月14日 髙井章光弁護士が、債権管理フォーラムにて、「新しいガイドラインとこれからの事業再生・再チャレンジ支援」と題して講演を行いました。
2022年5月11日 髙井章光弁護士は、日本弁護士連合会主催事業再生シンポジウム「アフターコロナに向けて金融機関と弁護士はどのような支援ができるのか~事業再生等に関するガイドラインと経営者保証ガイドラインへの期待~」におけるパネルディスカッションにて、コーディネーターとして参加致しました。
2022年2月14日 髙井章光弁護士と犬塚暁比古弁護士が執筆に参加した「金融機関の法務対策6000講 第Ⅵ巻」が発刊されました。
2022年2月11日 弁護士採用について
2022年2月1日 髙井章光弁護士が共同執筆をした「コロナ禍の事業再生研究会の活動と成果」と題する論考が銀行法務21No880に掲載されました。PDF DOWNLOAD
2022年1月1日 新年のご挨拶
2021年11月15日 髙井章光弁護士がパネリストとして出席した(東京大阪四会倒産法部シンポジウム)「多数の消費者が債権者となる破産手続における破産手続開始決定前の諸問題」の内容がNBL1206号に掲載されました。
2021年10月29日 髙井章光弁護士が中小企業大学校にて中小企業支援担当者研修(上級研修『円滑な事業承継・事業廃止の進め方』)「円滑な事業廃止に向けた支援」と題する講義を行いました。
2021年9月10日 髙井章光弁護士が執筆・編集を担当した『事業承継法務のすべて【第2版】』(日本弁護士連合会日弁連中小企業法律支援センター編・きんざい)が発刊されました。
2021年8月30日 髙井章光弁護士が編集、執筆を、野口隆一弁護士が編集を担当した『倒産と担保・保証【第2版】』が発刊されました。
2021年8月15日 髙井章光弁護士が執筆した論考が『破産管財人の債権調査・配当【第2版】』に掲載されました。
2021年7月30日 日弁連夏期研修(中国地方地区)において、髙井章光弁護士は、「新型コロナウイルス対応の法律実務と企業再生対応について」と題し、講演を実施いたしました。
2021年7月5日 髙井章光弁護士が参加したシンポジウム「ウィズコロナ時代における事業再生・廃業支援のあり方」の内容が、「事業再生と債権管理」173号に掲載されました。
2021年6月13日 当事務所が開設以来、満5周年を迎え、新たなステージとするべく6年目に入りました。
2021年6月10日 髙井章光弁護士が中小企業大学校にて、中小企業支援担当者等研修上級研修「円滑な事業承継・事業廃止の進め方」講座にて、講義を行いました。
2021年6月9日 髙井章光弁護士が執筆した「担保の基礎知識と実践的利用方法」と題する論考が、経営法友会「経営法友会リポート568号(2021年6月号)」に掲載されました。
2021年6月1日 髙井章光弁護士による「日弁連による中小企業支援の10年~日弁連中小企業法律支援センターの活動を中心として」と題する共著論考が、「自由と正義」Vol.72No.6(2021年6月号)に掲載されました。PDF DOWNLOAD
2021年5月30日 当事務所の弁護士が執筆した『ゼロからわかる事業再生60問60答』が発刊しました。PDF DOWNLOAD